南米の出身

キノコアレルギーの人は注意

アガリクスは、南米で自生しているキノコの一種で、βグルカンという免疫力をアップさせる成分を多く含んでいます。そのため南米では古くから健康のために食されてきましたし、特に多く食している地域の人々は、長生きすることで知られています。 そのためアガリクスは、現在は南米以外の場所でも積極的にハウス栽培されるようになりました。また、手軽に摂取できるように、サプリメントやドリンクなどの健康食品として販売されるようにもなっています。 しかし、キノコアレルギーのある人が摂取すると、蕁麻疹や痒みなどのアレルギー症状が出てくることがあります。そのため、過去にキノコ料理を食べて体調不良になったことのある人は、注意して摂取する必要があります。

病気の予防効果やダイエット効果

アガリクスに含まれているβグルカンには、免疫力をアップさせる効果の他に、コレステロール値を下げる効果もあります。コレステロールは、増えすぎることで動脈硬化や脂肪肝などの原因となりますし、それらは脳梗塞や肝臓ガンを引き起こすことがあります。そのため、アガリクスの健康食品によるβグルカンの摂取は、様々な病気の予防や改善に有効とされています。 そして、コレステロール値を下げるということは、ダイエット効果もあるということです。さらにアガリクスには食物繊維が豊富に含まれているので、便秘やむくみや肌荒れなどを解消する効果も期待できます。 そのためアガリクスの健康食品には、健康だけでなく美容を追求する人からも、高い人気と需要とがあります。