食用のハラタケ科

アガリクスの商品についての考察

アガリクス茸は、日本名をカワリハラタケと呼ばれており、ハラタケ科に属し、原産地はブラジルのピエダーテ山脈です。またの名をヒメマツタケとも言います。1965年、ブラジルから食用として持込まれたのを機に、三重県で人工栽培に成功したのです。このキノコを原料にしたものが健康食品のアガリクスとして販売されました。アガリクス茸を加工した食品は、子実体から作ったものと、菌糸体から作ったものがあります。成熟したキノコが子実体で、キノコの形になる前の菌糸の塊が菌糸体です。子実体は、土の中で栄養素を吸収して蓄えられていますから子実体を原料にした商品を選ぶと栄養価が高くなります。アガリクス茸は栄養成分がバランスよく含まれており、ビタミンB1とB2、ミネラルやアミノ酸等が含まれており、一部のアガリクスのサプリメント商品には、γ-アミノ銘酸GABA(ギャバ)が入っているものもあります。アガリクスの健康食品は現代を生きる人に適した栄養補給に役立ちます。

食用キノコとして親しまれ続け、健康食品として研究が進み、改良されてきました

日本ではサプリメントテイストで度々話題になりますが、原産地のブラジルのピエダーテ地方の人々は、採取してきた新鮮なキノコのままサラダにしたり、焼いたり、煮たりして丸ごろ食べていたのです。現地の人々は、新鮮な状態でβグルカンを含む豊富な栄養成分をたっぷり摂ってきました。健康食品を飲用する場合は、体内への吸収率が高いものが求められますが、アガリクスの有用成分である「βグルカン」というのは、高分子の多糖体なので消化吸収がされにくいとされています。各社はそれぞれ研究を重ねて、消化吸収の良い成分や配合を模索して、現在は、良質なアガリクスのサプリメントも手に入りやすくなりました。アガリクス茸の健康サプリメントは数社から10年以上販売されています。一部のアガリクスのサプリメントは、米国FDA(医薬食品規制庁)からも認定を受けています。食用キノコですから、安全性に特に問題はないのですが、キノコの特性として胃腸の弱い人等は消化不良になる人も稀にいます。